【2022年春夏新作】50周年を迎えたオーデマ ピゲ「ロイヤル オーク」、モデルチェンジでどう変わった?

2022年、初代モデルの誕生から50周年を迎えた、オーデマピゲ スーパーコピーを代表するモデル「ロイヤル オーク」。50周年モデルとして一斉にモデルチェンジを行ったが、これまでと変わった点はどこなのか。今回は、実機を触る機会を得た『クロノス日本版』編集長 広田雅将が、4本のモデルをピックアップして押さえるべきポイントを語る。

オーデマピゲ 偽物 ロイヤルオーク クロノグラフ フロステッドゴールド3色 限定70本 26331BC.GG.1224BC.02

型番:26331BC.GG.1224BC.02

素材(ケース):18Kホワイトゴールド

素材(ベルト):18Kホワイトゴールド

ダイアルカラー:ブルー

ムーブメント:自動巻

ケースサイズ:約41mm(リューズ除く)

ブレスサイズ:最大約190mm

全重量:276.1g

防水性能:日常生活防水

ガラス:サファイアクリスタル

仕様:

・クロノグラフ

・日付表示

・スモールセコンド

付属品:

・箱

・保証書

設計と製造がオーデマ ピゲに移管されて以降、同ブランドは脱進機を自社製の部品に変えたり、スイッチングロッカー自動巻きを改良するなどしてこまめにアップデートをしていた。とはいえ、基本設計を1967年にさかのぼるこのムーブメントは、最新型の自動巻きと比較すると、性能の面で見劣りがした。筆者はこのムーブメントが好きでいくつか買ったが、お世辞にも、巻き上げ効率が高いとは言い難い。

大きな違いは、2番車の位置にある。2121ではセンターにあった2番車をオフセットさせることで、重いローターをベアリングで保持できるようになった。また自動巻き機構も、スイッチングロッカーから標準的なリバーサーに変更された。写真を見た限りで言うと、自動巻き機構は完全に新しいものだ。MPSのリバーサーは、厚みの関係で採用できなかったのかもしれない。ともあれ、こういった改良は、巻き上げ効率を可能な限り高めるためのものだろう。

また、丸穴車と角穴車の間に挟み込まれるデクラッチは、薄型ムーブメントらしからぬ、かなりしっかりしたものになった。薄型ムーブメントにも関わらず、テンプの受けはなんと両持ち(!)。しかも、マスロットをねじ込んだテンワは、空気抵抗を減らす形状になっている。薄型ムーブメントで問題になりがちな、テンワの空気抵抗を、できるだけ減らそうとしているのがわかる。

【関連記事】:スーパーコピー信用できるサイト

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s